絵本作家なるには・・・一番確実な進学先は?

絵本作家なるには・・・一番確実な進学先は?

絵本作家になるには・・・毎日、この悩みを抱えて進学先に迷ってませんか?
日本には、あなた以外にも「絵本作家になりたい!」って夢を持ってる人が他にもいますが、あなたと同じで「絵本作家なるには・・・」って悩みを抱えています。

 

なぜなら、身近なところに絵本作家がいないから相談できないからです。

 

そこで、このページでは絵本作家になるには・・・というあなたの悩み解決できる専門学校を紹介しています。
「なぜ、専門学校なの?」という疑問も解決できるから、進学先で悩んでいるなら参考にしてください。

 

絵本作家なるには・・・専門学校が一番おすすめ?

短大、4大を卒業しても絵本作家になれることはできると思いますが、私はサポート体制、教育方針、即戦力で働ける知識、スキル、経験、学費という面から考えて専門学校がおすすめだと思います。

 

そもそも大学、短大で絵本作家としてのデビュー体制って整っているでしょうか?また、即戦力で活躍できる知識、スキル、経験って身に着けることができますか?

 

答えはNOです!

 

絵本作家になるのに大事なのは独創性、創造性のあるイラストが描けるか?という点なんです。
また、プロから自分の書いた絵本に対して意見してもらうのは大事なことですよね。
※もちろん、かなり凹みますが・・・

 

非常に厳しいですが、真剣に絵本作家を目指してるあなたにはおすすめの環境が整っているのが専門学校です。

 

在学中からプロの絵本作家として活躍できる唯一の専門学校

その中でも在学中からプロの絵本作家として活躍できる専門学校があります。
それがアミューズメントメディア総合学院です。

 

生徒、卒業生、出版社、企業が協力をして作品を作り上げる産学共同デビューという制度がある学校です。
産=産業(企業)、学=学生(在校生、卒業生)が共同で作品を作り上げてデビュー出来るという制度で企業にとっても有力な人材をデビューをさせることが出来るし、自社のコンテンツを充実させることが出来るメリットがあるんです。

 

また、デビューサポート体制も充実しているから真剣に絵本作家を目指してる人ほど魅力的な環境が整っているのです。

 

でも一番きになるのは学費ですよね。
やはりどれだけ絵本作家としてデビューがしやすい魅力的な環境が整っているとしても学費が高額だと負担が大きいから入学するのは躊躇しますよね。

 

この美術系の学校(大学、短大、専門)の学費が高いのってやっぱり問題であり、最大の課題なんですね。。。
そこで、奨学金を利用する人もいますが、返済が苦しいことでも問題になってますよね。

 

また、美大って授業のレベルが高いから挫折知る人も割と多く挫折をしてからが問題でつぶしがきかないからその後の人生にも大きな不安を抱えることになるんです。
しかし、専門学校であればイラストレーター、デザイナーとしてデビュー、漫画家としてデビューできるキャラクターデザインに関する幅広い知識を身に着けることができるから、仮に絵本作家から目標をチェンジしても大丈夫なのです。

 

話がそれましたが、アミューズメントメディア総合学院は返済不要の奨学金制度があるから学費面で心配な人は一度パンフレットを請求して学費や返済不要の奨学金制度を確認しましょう。
返済不要の奨学金制度が容姿されている貴重な専門学校だから確認してみる価値は高いです!